[ゲーム]昭和なドールハウスには帰れない~(週刊トロ・ステーション)

* blog  posted at 23:33 / 2010年4月18日

「まいにちいっしょ」に半年ぶりに行ってみたら、

リニューアルされて「週刊トロ・ステーション」というものになってて、
住んでたアパートから
いきなり空き地に放り出されましたー(ムンクの叫び)

「まいにちいっしょ」というのはプレイステーション3を買った人が
無料でダウンロードできるゲームというかサービスで、
トロとクロという2匹の猫を始めとするキャラクター達が案内役を努め、

★毎日雑学&商品情報番組を配信する(無料)
★部屋と庭で箱庭ごっこができる(アイテム課金制)
★着せ替えができる(アイテム課金制)
★色々なミニゲームができる(無料orポイント制)

この4つが主なコンテンツ。

わたしは特に箱庭ごっこにハマってました。

背景やアイテムのグラフィックがリアルで、
みょうに生活感漂う品々が揃っていて、
部屋に並べて見てるだけでも飽きないんですよ。

絨毯・壁紙・ドア・家具などをあれでもないこれでもないと選んで配置、
そこに好きな小物を置いたりはずしたりまた置いたりしてると、
時間がすごい速さで飛んでいって、
あっというまに徹夜になりました。

tr_r01.JPG
右の画像はわたし(のトロ)が住んでた部屋ですが、
ぜひクリックして拡大して細部を見てください。

冷蔵庫の汚れ方や、貼ったシールのしょぼさや、
(シールはクロからの貰い物)
上に載せた書類ケースやプラスチックカゴ、
桐箪笥の上の人形や飾り皿やサインボールや、
左の三段ボックスの金魚鉢や薄汚れた魚拓...

よくできてるでしょう!
ドールハウス・日本の昭和版って感じで。

わたしはもうただ見てるだけでドーパミンばんばん出て、
ほんとに幸せでした。

tr_g02.JPG
庭も貼っておくから見てね。

奥にちょっと見えるススキ野原も、
庭用の風景パネルです。
他にも竹林とか山とか
いろんな風景がありました。

電話と電話台は別売り。
植木鉢と花も別売り。
レンガの壁や線路はいくつかをつなげてます。

安いものは20円くらいから、
高いものは500円くらいのもあったかなあ。
番組内でただでくれるものもあったし、
ゲームでためたポイントで買えるものもありました。

去年の春から秋にかけてこれにハマってたのですが、
9月にライブシーズンがはじまってからは行けなくなり、
今年にはいっても足が遠のいたままになってました。

で、先日ふと思い出してひさしぶりに行ってみると、
冒頭に書いたような事態になっていたわけです。

引越しますか? と言われてyesと答えたら、いきなり空き地ヽ(ToT)ノ

月に800円払うと家に住まわせてくれるというので、払いました。
払ったら、家に入れました。
入れたけど、これが頼んでもいない洋風の家だったヽ(ToT)ノ オーノー

似合わないんだよ、桐の箪笥と五月人形が!
三段ボックスもすっごく変。
チープな感じの生活感あふれる昭和アイテムがどれもこれもみんな変。

他にいろいろ持ってたものも、ほとんど撃墜されてしまい、
絨毯とピアノだけなんとか違和感なく置けました。

お店に行ったらアイテムがかなり減ってて、またムンクの叫び。
こんなことなら好きなもの全部買っておけばよかった...。
それでも新たに部屋に合いそうな家具がいくつか出てたので、
購入して配置し、やっと一息。

(アイテムは課金ではなくポイントで支払うようになって、
ポイントは番組を見るだけでどんどんたまるので、
実質的にアイテム無料と同じことになりました)

bottle_flower03.gif
だけどなんとなくしっくりしません。
昭和庶民派はもうダメだな。
今度は大正かなあ。
アールデコとかアールヌーボーっぽい、
タクは帝国大学の教授ざます的な家具(って何)が
欲しいところ。
でも似合わないよなぁ...トロには...
ダンボール箱を机にして番組やってるような猫だし...

などとぶつぶつ心の中でつぶやいたりしています。
ぶつぶつ。

庭は広くなったので、以前のものをある程度再現してみました。
ただ、周囲の町並みがこぎれいな新興住宅地っぽくなってしまったので
ちょっと浮いてます。

愚痴でした。すみません。
でもこの箱庭ゲームはやっぱり楽しいです。
これからやってみようと思う人には、
「箱庭するなら有料会員一択」
「トロステーション(番組)を見るのは有料会員になってから(ポイント2倍付くので)」
これをアドバイスして、締めのご挨拶に代えさせていただきます。
ご静聴ありがとうございましたヽ(^o^)ノ