「きみのともだち」 持田香織さんとの共同作業

posted at 2:40 / 2010年8月25日

niu_mochiko.jpg

今日は、わたしの記憶が間違っていなければ、ELTの持田香織さんの2枚目のソロアルバム「niu」の発売日だと思います(たぶん)。

このアルバムの中の1曲をプロデュースするというお話をいただいたのが、6月上旬のことでした。
単なる楽曲提供ではなく、プロデュース。
企画から録音(歌入れ含む)、mix downまで全部やってください。1曲だけ。1曲まるごと。という依頼なのでした。

6月上旬のある日、AQとディレクターのジョニーとマネージャーのロッキーと共に、打ち合わせのためエイベックスを訪れました。

ガラス張りの小さな打ち合わせ室に近づいていくと、持田さんと、マネージャーの大上さんの姿が見えました。
ふたりは、打ち合わせ室の壁に張りつくように立って、並んでこちらを見て笑っていました。
そのたたずまいの珍しさは忘れられません。
ふたりして、先生に立たされてるみたいでした。
なぜ壁に張りついてたのかは、謎です。

持田さんはふわっとした柔らかな空気を身にまとった、静かな、性質のよさそうな女性でした。
(実際とても性質のいい、頭もいい人だということが、一緒に仕事をするうちにわかってきました)
レスポンスに不思議な間があくことがあって、一緒にいると時間の進み方が時々変化しました。
「電気式のからくり人形が後ろで何かしきりに考えてるみたい」だと言ったら、
気に入ったようで、メールの署名に「からくりもちこ」と書いてきました。

打ち合わせで決めたのは、作詞が持田さんで作曲が谷山。
まずわたしが歌詞のテーマを考えてメールで彼女に送り、彼女が歌詞を書いてわたしに送り、
それにわたしが曲をつけてまた送り返す。
で、OKならレコーディング。

テーマは「人形になる」にしました。
他にもいくつか考えましたが、もちこさんがこれを選びました。

何日かして、携帯メールで、長い長い歌詞が送られてきました。
読んで、なんだかすごく感動してしまいました。
シンプルでストレートな表現で、決してレトリックを駆使した達者な歌詞ではないのですが、
思いの力がまっすぐに伝わってくるのでした。

ずいぶん考えて、あれこれ試してもみましたが、
やっぱりもらった歌詞を可能な限り全部、そのままの形で使うことにして、
曲も変にこったものではなくて、歌詞の思いによりそうようなストレートなものにしました。

アレンジはAQにおまかせ。
ミュージシャンは、ギター吉川忠英さん、ベース渡辺等くん、パーカッション山口ともさん、というなじみの人々。
エンジニアも、いつもの田中信一さん。

もちこさんは、レコーディングには全て最初から最後まで立ち合う主義、ということなので、
音録りの時の仮歌も本人に歌ってもらうことにしました。
ボーカルの力がすごく強いので、ミュージシャンの演奏もきっと違ってくると思ったのです。

持田さんの歌は、すばらしいです。
7分もある長い歌で(なにしろ歌詞が長いから)、それを作業のために何度も何度も聴くのですが、
何度聴いてもぜんぜん飽きません。
素直にまっすぐ歌ってるだけなのに、引力が強くて、
気がつくと歌をじっと聴いてしまっています。
AQも同じことを言ってました。
山口ともさんなんか、「歌、すごく素敵です。歌の力にひきつけられます」とわざわざ本人に言いにきました。

しかも、うまい。
もっと切り貼りが必要なのかと思ってたけど、ほとんど歌ったままをまるごと使えました。
切り貼りも、「使えるのを選ぶ」んじゃなくて「よりよいのを選ぶ」ためって感じでした。

楽しい日々でした。
持田さん、初対面の時はおとなしそうな人だと思ったけど、意外におしゃべりだし、
いたずらっぽいところ、辛口なところもあって面白い人でした。
何より、一緒にいてすごくリラックスできる人で、居心地が最高でした。

一緒にいい歌を作れて、嬉しかったです。いい時間を、ありがとう。
「niu」と、持田香織さんの、成功を祈ってます。


[写真]うさぎと猫の芝居小屋・打ち上げ

posted at 1:01 / 2010年5月23日

スペースゼロのホワイエで打ち上げしました。

DSCN0514.JPG
ともちゃん(江幡朋子さん) 後ろにちらっと小川ひかるちゃん

DSCN0503.JPG
左はAQ、右は愛ちゃん(恩田愛さん)

DSCN0515.JPG
はっちゃん(澤山佳小里さん)とツーショットのつもりで撮ったら
後ろに何やらごきげんなアメリカ人が!

DSCN0516.JPG
左はみなみちゃん(白川美波さん)右はまいちゃん(中村まいさん)

DSCN0512.JPG
コスプレ舞台監督・空閑さん

DSCN0519.JPG
ほろ酔いオスカル(中村真沙海さん)

DSCN0518.JPG
実は超おもろい女・多田慶子さん

DSCN0513.JPG
ケイコさんの孫・なおちゃん(松本奈緒さん)

貴子さん・道ちゃん・まなちゃん・あつかちゃん・
ひかるちゃん・畑中さんとは
2ショット撮れなかった。残念。
集合写真どぞ。クリックで大きくなります。
ほんとに大好きなチームです。
(お客さんもちょっと混じってるよ)
(ごきげんなアメリカ人=ジェイソン)
DSCN0510.JPG


[写真]千秋楽前夜・自宅の洗面所

posted at 2:31 / 2010年5月22日

100521_01.jpg

千秋楽に持っていくためにコンデジ出してきた。

帰宅 → ごはん →
ウツになりかけ → 浮上
→ 写真撮影 by N氏

写りがよかったので(当社比)
記念掲載。

反射的ピースの癖を
なんとかしたいものである。


[映画]アリス・イン・ワンダーランドのオチについて考えた

posted at 5:38 / 2010年4月23日

gekko.jpgティム・バートン監督の「アリス・イン・ワンダーランド」を見た。


オチに驚愕した。

うーむむむ。
と、考えこんでしまった。

これは...ブラックなのか?
監督的にはブラックなのか?

まさか、ただの白なのか?

ずいぶん考えて、こういうことなのかなーと一応納得のいくマイ結論をひねり出した。


ディズニー向けには(=建前は)、白である。
(アリスは自立した大人の女性へと成長し、新しい人生へと船出しました)
監督の内心は、黒である。
(国際的な悲劇の原因を作ったのは、実はアリスでした)

でも、ひどいな。
アリスをそういう黒に使わないでほしいです。
 ↑ マイ結論にセルフ苦情。

映画そのものについては、
とにかくジョニー・デップの帽子屋を見られたので大満足でした。

人間・物の怪っぽい人間・人間っぽい物の怪・物の怪・物

このグラデーション定規の端から端までを自在に飛び回る怪演、
特に「物」に近づいた時が怖くてサイコーでした。


[ゲーム]昭和なドールハウスには帰れない~(週刊トロ・ステーション)

posted at 23:33 / 2010年4月18日

「まいにちいっしょ」に半年ぶりに行ってみたら、

リニューアルされて「週刊トロ・ステーション」というものになってて、
住んでたアパートから
いきなり空き地に放り出されましたー(ムンクの叫び)

「まいにちいっしょ」というのはプレイステーション3を買った人が
無料でダウンロードできるゲームというかサービスで、
トロとクロという2匹の猫を始めとするキャラクター達が案内役を努め、

★毎日雑学&商品情報番組を配信する(無料)
★部屋と庭で箱庭ごっこができる(アイテム課金制)
★着せ替えができる(アイテム課金制)
★色々なミニゲームができる(無料orポイント制)

この4つが主なコンテンツ。

わたしは特に箱庭ごっこにハマってました。